構造 STRUCTURE

住まう方々の未来を支え続ける、堅牢な構造とクオリティ。

地盤改良

基礎下から支持層となる地盤まで地盤改良を施すことで充分な支持力が得られ、建物全体をしっかり支えます。

対震ドア枠

地震により玄関のドア枠が歪んで、扉が開かなくなることがないように、ドア枠と扉の間にクリアランス(隙間)を確保した対震枠付玄関ドアを採用しています。

6層構造による
高性能遮音排水管

耐火性能に優れたフネンパイプに吸音ウレタンフォーム+複合遮音シートの6層構造により、これまでに無い遮音性能を実現し、室内空間の快適性を向上させます。

LL-45等級フローリング

遮音性の高いLL-45等級のフローリングを採用。床に物を落としたときなどの軽量衝撃音の階下への伝わりを抑えます。

コンクリート被覆

鉄筋を覆うコンクリートには、約30㎜〜50㎜以上の十分なかぶり厚を確保。コンクリートの中性化による鉄筋の錆や腐食を抑え、駆体の劣化を軽減しています。

常時小風量換気システム

自然給気口から新鮮な空気を室内に取り入れ、常時小風量換気をすることで結露やカビの発生を低減し、きれいな住環境を保ちます。

二重天井

二重になった部分に配線を通すことができるため、リフォーム・メンテナンスもしやすくなっています。

アウトポール設計

躯体を支える構造柱が、住戸の外側を通るように設計したアウトポール工法を採用。室内のコーナー部に柱型が出ず、すっきりとしたスクエアな居室を実現します。(一部住戸は除く)

水セメント比

構造体に使用するコンクリートの水セメント比を50%以下に抑えることで、コンクリートの性能をアップ。ひび割れが生じにくく、耐久性に優れた住まいを可能にします。

防音サッシ(T-1等級サッシ)

開口部から入ってくる外部の音を抑えて落ち着いた室内環境を実現するため音を約25デシベル抑制する機能がある防音サッシを採用しました。

※一部を除く※数値は実験によるもので、サッシのみの理論値です。他の要因などにより実際とは多少異なります。

誘発目地

外壁のひび割れを防ぐために、外壁の要所に誘発目地を設けています。ひび割れが発生する位置を計画的に定め、誘発目地にひび割れを集中させる事により、その他の部分でひび割れを生じにくくしています。

断熱仕様

次世代省エネ基準である住宅性能評価断熱等性能等級4という最高レベルの断熱仕様を施してあります。外気や日射の影響を軽減し、少ない冷暖房でも夏は涼しく、冬は暖かい快適な暮らしを実現。カビの発生原因となる結露なども防ぎます。

※一部断熱仕様が異なる箇所があります。

壁構造

外壁のコンクリートは、約150mm〜約180mm(共用廊下・南側バルコニーに面する外壁は厚さ100mm[ALC:軽量気泡コンクリート])の厚みを確保することで、耐久性をアップ。また、プライバシーに配慮して、住戸界壁は約180〜約200mmの厚みを持たせています。

※一部断熱仕様が異なる箇所があります。

概念図

ダブル配筋・溶接閉鎖型フープ筋

耐力壁や床のコンクリート内には、鉄筋を2重に組むダブル配筋を採用。さらに、柱の主筋を束ねる帯筋の継ぎ目を溶接する溶接閉鎖型フープ筋を採用。耐震性と耐久性を高めました。

概念図

ボイドスラブ

床スラブ(一階住戸・水まわり・玄関部分は除く)は、約250mm〜約275mmの厚みを確保し、階下への衝撃音の伝わりを軽減しています。また、スラブ内にボイド型枠を入れる構造を採用。強度を落とさずにスラブ自重を軽減できるため、天井に小梁のない広い空間が実現できます。

概念図

PAGE TOP